着物・振袖専門の情報サイト

振袖を着ている時の歩き方、座り方、トイレ事情など、立ち居振る舞いをご紹介!

振袖・呉服

普段なかなか着る機会がない「振袖(着物)」。

お洋服の時と同じ感覚で過ごしていては、着崩れの原因にもなりますし、品がなくなってしまいます。

美しい立ち居振る舞いができると、それだけでさらに大人っぽくなりますよ♪

それでは紹介していきますね!

 

歩き方

しっかりと背筋を伸ばしましょう!猫背は NG!

歩幅は小さく、どちらかというと内股気味で歩いてみましょう。

※歩幅が大きく、ガニ股で歩いてしまうと着崩れの原因になります。

草履は引きずるとみっともないので引きずらないように・・・。

 

階段の登り方、降り方

左右の振袖を、まとめて左手で持ちます。(バッグも一緒に左手で持ちます)

そして、右手で上前を持ちゆっくりと階段を上がります。

降りるときには、体は階段に対して正面からではなく、斜めの角度から片足ずつゆっくりと降ります。

出典元

 

 

 

立ち方、座り方

帯があるので猫背になりがちですが、しっかりと背筋を伸ばして立ちましょう。

椅子に座るときには、カバンを背もたれに起き、帯を潰さないよう浅めに腰掛けましょう。左右の振袖は重ねて膝の上に置きましょう。

出典元

 

車の乗り方

左右の振袖をまとめて左手で持ち、まずは後ろ向きでお尻をシートに腰掛けてから、体を正面に回転させながら足を車内に入れましょう。

帯を潰さないように、浅く腰掛けましょう!

出典元

 

トイレの行き方

左右の振袖をまとめて帯の前でひと結びします。

裾を一枚ずつ左右に分け、思いっきり背中の方へめくり上げます。そして、両腕で振袖をぎゅっと挟みましょう。

便座に腰掛ける際には、先ほど持ち上げた裾と帯にボリュームが出ているので、必ず浅めに腰掛け、前かがみになってくださいね!

便座から十分に離れたら、持ち上げた裾をおろしてください。

 

 

 

いかがでしたか?

基本的な立ち居振る舞いをご紹介させていただきました。

参考にされるとお上品にもなりますし、振袖の着崩れ防止にもなります!

ぜひ実践してみてくださいね。

 

 

 

振袖レンタル・購入のご予約は「四季織り」から♪

https://shikiori.jp/

四季織り4大特典

カテゴリーから探す

おすすめ記事