着物・振袖専門の情報サイト

素敵な振袖成人式を過ごすための4つのポイント

  • その他

「成人式ってどんな対策をすればいいんだろう・・・?」

なんて、お悩みの方、結構いると思います。

毎年、成人式で懸念されるのが「寒さ」なんです・・・

素敵な成人式を迎えるにあたって、事前に対策しておきたい4つのポイントを伝授しますっ!

 

1.成人式の日の寒さ対策

 

振袖を着て寒さを感じるところは「首筋」「袖口」「足」です。

首筋は皆さんコート代わりのショールをお持ちだと思いますので掛けてくださいね!

袖口はどうしてもの寒がりさんは肘までのヒートテックなどのシャツを着ても大丈夫です。

長袖だと袖口から見えてしまうので5分袖位のものが良いです。

寒さ対策のシャツを着るときに必ず注意していただきたいことは、

後ろの衿ぐりが大きく空いているものにすることです。(必ずチェックしてくださいね)

 

出典

 

脚も素足に足袋ですと少し寒いかも知れません。
足袋をはくので指先のあるタイツやストッキングがはけないのでスパッツ的なものかステテコ的なものが良いです。

化繊は多少静電気が起きますがどのみち乾燥していれば静電気はおきますのでね。


足首までの物が温かいのですが 階段などを登るときに足袋上15㎝位まで足が見えることがありますので注意が必要です。


和装用のハイソックスもありますので、御用の方はご契約の店舗に聞いてみてね。

 

 

2.成人式、雨や雪の対策

 

本当にどうか天気が良くなりますように!と願うばかりです。
もしも…雨や雪でしたら
雨をはじくガード加工が掛けてある振袖なら少しの雨では安心ですが、
ガードが掛かっていない振袖は雨にぬれると生地が縮んだりシミになったりいたしますので
濡れないように注意をしてください。
草履も水に弱いので雨で履くと傷んでしまう可能性が多くあります。
また 雨・雪では裏がつるつるのお草履は滑りやすいので気をつけてくださいね!
草履カバーと云う物もございます 滑り止めもついて草履が濡れないようなカバーですので
雨の時は安心の品物です。

被せるだけの物と、元からカバーがついている雨用の草履があります!

 

出典

 

出典

 

レンタルではなくご自身のお品物の場合は雨予報の時は、ご契約の店舗にご相談ください。

歩いたときにハネを上げないようにするには内股で歩くことです。
オーバーなくらい内股歩きをしてみてくださいね。

 

 

3.風が強い日の成人式は

髪飾りが取れやすいので バックにピンを少し忍ばせておくと便利です。
カールをいかしたデザインの場合は雨や風の強い日の場合は崩れやすいので
天候に合わせての髪型も考えておかれるのも良いです。
それほど外を歩かないようでしたらしっかり固めてもらえるので大丈夫です。

 

 

4.成人式当日の着付けについて

成人式当日はお嬢様方も良く動かれるので 特に腰の紐はしっかり締めてないと
裾が落ちてきてしまいます。ですので腰の紐だけはしっかり締めさせていただきます。

 

出典

 

けれども胸紐はそれほどの強さは必要ないのです。
お支度終了後、出る前のチェックで気になるところがあれば遠慮なく言いましょう。

帯結びは成人式当日は椅子に腰掛けて背もたれに寄り掛かる場面もありますので
安定した形で崩れにくいものを心掛けます。帯締め帯揚げもできる限り崩れにくい結びを基本として参りますので安心してくださいね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

上記4つのポイントを気をつければ、素敵な成人式になること、間違いなし!

日にちが近くなったら思い出してみてくださいね!

 

 

【記事提供元】

着物選びから式当日まで全てを思い出に

京秀lala振袖館

近日、四季織り内に店舗情報を掲載致します!