着物・振袖専門の情報サイト

レンタル派?購入派?それぞれのメリットデメリット!

  • 振袖・呉服

 

成人式における女子の悩みと言えば、、、

振袖の「レンタル」or「購入」問題。

 

費用から手間まで、どちらが良いのか決められない人も多いはず・・・。

というわけで、それぞれメリットとデメリットをご紹介っ☆

 

 

出典

 

 

レンタル派のメリット・デメリット

 

◆レンタル派のメリット

・着る機会が少ない場合、割安になる

・流行りの柄を選べる

・保管・メンテナンスする必要がない

・着付け、撮影などがセットになっている場合がある

 

◆レンタル派のデメリット

・着る機会が多い場合、購入よりも割高になる

・平均的なサイズのものが多く、気に入ったものを選べない場合がある

・きちんとメンテナンスされていない場合、清潔感に欠ける

 

レンタル振袖は成人式の時だけの利用であれば、安く済みます。

 

振袖を保管するための道具購入や、メンテナンスにかかる費用も抑えられる!

さらに、レンタルショップのセットプランなどがあれば前撮り・着付け・小物なども料金に含まれるので、お財布には優しい♪

 

その一方で、レンタルはその都度お金が発生するため、成人式以外でも振袖を着たいという人は支払いが増えてしまいます。

それに、気に入った柄がお店にあるとは限らず、あったとしてもサイズが合わない場合も…。

 

メンテナンスや保管についても注意しておきたい点で、汚いものを使用して式に参加はしたくないですよね。

 

 

 

購入派のメリット・デメリット

 

◆購入派のメリット

・自分の好みの柄や色、自分にあったサイズを選べる

・成人式以外の式典でもその振袖を使える

・姉妹や親戚に貸し出すことができる

・複数回着れば、レンタルよりも割安になる

 

◆購入派のデメリット

・支払いが高額になる

・保管・メンテナンスが必要

・流行りには乗れないかもしれない

・振袖の通説として、独身もしくは若いうちしか着られない

 

振袖の購入は作られたものを買うのと、オーダーメイドであつらえるのと、2パターン。

 

すでに作られたものは、着物専門店や百貨店の催事・リサイクルショップで買うことができます。

また、オーダーメイドの場合は、仕立ててくれる着物屋さんにお願いします。

 

オーダーメイドで仕立てた場合、世界に一つだけの振袖になり、サイズや着心地もピッタリ、見映えも◎!

これはやはりレンタルや既製品購入では味わえない部分です!

 

それに一度購入すれば、その後に借りること無く複数回使用できたり、親戚や姉妹に渡すことも可能◎

親類に女子が多い方や、色々な式で利用する予定がある方は購入を考えても良さそうですね!

 

その一方で、お金がどうしても問題になってきます。

オーダーメイドは高額になりやすく、リサイクルショップで購入したとしても染み抜きなどのメンテナンス・保管道具の購入には費用が…!

 

あとは購入すれば永年使える、というわけではなく振袖は「独身」もしくは「若いうち」に着るのが通説となっています。

 

こういった点にも注意が必要!

 

 

 

 

振袖のレンタル、購入に関するメリット・デメリットについていかがでしたか?

 

成人式は一生に一度ですし、できることなら最高のモノを選びたいですよね♡

ここで挙げた情報を参考にしながら、成人式では納得のいく晴れ姿を披露してください!

 

振袖ショップの検索はこちらから