着物・振袖専門の情報サイト

朝は戦争?成人式の当日の準備時間と注意点について!

  • 振袖・呉服

 

当日の朝は、戦争><

 

特に女性はヘアセット、メイク、着付けなど、しなければならないことがたくさん!

準備を怠った人はそのバタバタで会場入りする前に疲れきってしまうかも…!?

 

というわけで!

成人式当日の朝の流れ・準備にかかる時間・注意点などをご紹介しますっ(^^)

成人の日を良い思い出にできるように、これらの情報をぜひ参考にしてみてください☆

 

 

成人式当日の流れと所要時間

 

まず朝起きたら、身支度を済ませて美容院に向かい、ヘアセットとメイク。

※所要時間:1時間〜1時間半!

 

次に、振袖の着付け。

着付師さんにしてもらう場合と自分で着付ける場合とがあるけど、多くは着付けてもらうことになると思います。

※所要時間:1時間程度!

 

そして、成人式会場に移動。

成人式は午前からの部と午後からの部のように別れている場合があるけど、今回は午前からの部の場合でお話します。

 

式の時間は式典、記念撮影など含めて全部で2時間ほど☆

そのあとは写真館で記念撮影をしたりして一度自宅に戻り、振袖を脱いで同窓会に向かうというのが多くの方の流れかと思います。

 

 

成人式の準備は戦争!?何時に起きる?

 

成人式の朝は準備でバタバタ(°_°)!

そのため、かなり早い時間に起きる必要があります。

起床時間は美容院の予約、着付けの予約時間に左右されるけど、早い人は早朝3時、遅い人でも7時頃には動き出します。

直前に予約申し込みをしてもすでに埋まってしまっている場合が多いので、1年〜半年前くらいからの準備がおすすめ!

 

また式当日は、新成人が一斉に集う日だから、道の混雑や渋滞なども考慮しておきましょう☆

自宅の近くのサロンなどを確保できていれば一安心です♪

 

 

忘れてしまいがちなこと

 

成人式当日の朝、つい忘れてしまいがちなこと、、、

 

ひとつは草履を持っていくこと。

バタバタと自宅を出て、ヘアーセットや着付けを済ませていざ会場へ!

となったときに、「草履は玄関に置きっぱなしだった」なんてことはありがち><

振袖を着た瞬間に「あれ?」と思わないように、準備物は事前に一式まとめておきましょう!

 

また、当日の朝は前開きの服を着ていくことも大切です!

上から被る服だと、せっかく美容院でセットした髪型が服を脱ぐときに崩れてしまう><

着付けの際に、服は着替えることになりますから前開きの方が格段にラクだから、それも気をつけて下さい!

 

 

まとめ

 

 

ちなみに、美容院や着付けは1年〜数ヶ月前から予約を受け付けている場合が多いです。

早めに予約をして、余裕を持ったスケジュールを組で動いていきましょう☆

 

 

 

 

筆者:池口泰徳