着物・振袖専門の情報サイト

どう違うの?着物の素材について♪

  • 振袖・呉服

出典

 

着物って、洋服と同じでいろいろな素材で作られています!

素材次第で高い安いが変動します。

 

ここでは、代表的な素材を調べてみました♪

 

 

■正絹(ショウケン)

出典

 

正絹とは、繭(シルク)から紡いだ糸100%で作られた布のこと。

正絹の特徴は着心地がよく、保湿性や通気性が高く、夏は涼しく冬は暖かい*

静電気も起きにくく、裾がまとわりつきにくい点も◎!

 

デメリットとしては、値段が高く自宅では洗うことができないこと。

また、雨に濡れるとシミになりやすかったり、保管に関しても手入れをしないと虫食いや変色も><

 

”着物=値段が高く管理が大変”というのは、正絹のことを指しています。

絹以外の糸も使われている場合は、絹製品と呼ばれているんだとか!

 

 

■木綿(モメン)

出典

 

普段着の着物として、最も着用している方が多い生地。

通気性、吸湿性に優れていて、肌触りも良いです!

丈夫で耐久性があって洗濯もOK!

 

デメリットとしては、縮みやすくシワになりやすく、

太陽光にあたり過ぎると変色してしまいます。

 

 

■麻

出典

 

麻の着物の特徴は、吸湿性、放水性が優れていて、夏の着物として着られています。

麻も手洗いOKなのも嬉しい!

でも、保温性が低いので夏以外に麻の着物だけでは寒いかもしれません。

 

 

■ウール

出典

 

ウールの良さは、吸湿性、保温性が高くて暖かいので冬に着られることが多いです。

汚れにも強いので雨に濡れてもシミになりにくいなど、メンテナンス性に優れています◎!

 

デメリットは、耐久性が低く虫に弱い所です><

基本は冬用だけど、「サマーウール」と呼ばれるものもあって、多少の汗がついても洗いやすく涼しく着られます☆

最近では、ウールの着物を取り扱っている店が少ないんだそうです…。

 

 

■ポリエステル

出典

 

ポリエステルは石油から作られる素材で、よくTシャツなどに使われています。

この素材の一番の特徴は、「自宅で洗える」ところです。

強度があって型崩れしにくく、カビにくいので着物初心者にオススメ!

ですが、静電気を帯びやすいので、裾がまとわりつきやすいのがデメリット><

 

 

ここまで、着物の素材について紹介してきたけど、シーンによって合う素材を選ぶことで快適さが変わります。

着物を見に行く際も、素材を気にしながら見ると変わった見方ができて楽しめます♪