着物・振袖専門の情報サイト

必見!振袖の選び方♪

  • 振袖・呉服

一生のうちに振袖を着る機会って、現状は卒業式や成人式くらい…。

やっぱり自分が一番気に入ったものを着たいっ♡

 

そこで、今回は振袖の選び方をご紹介しちゃいます!

 

 

■色

 まずは全体のイメージを左右する「色」から☆

 王道色はやっぱり赤!

 ピンク、水色、緑、白、黒、紫も人気◎!

 どの着物屋さんも種類が豊富だから、少しずつ絞っていかないと迷って決められなくなっちゃうから

 気をつけてください!

 

■柄

 次に決めたいのが「柄」

 ほんっとうにいろんな種類がありますので迷っちゃう!!

 

今回は、大きく分けて王道柄を2つご紹介します*

 

 ・古典柄

  古典柄は、主に流行りのない伝統的な柄のこと。その中にも種類があって、

  「吉祥文様(きっしょうもんよう)」

   →不老長寿を願う柄で縁起が良い。

    鶴・亀・鳳凰・龍・松竹梅・四君子・牡丹など。

  「有職文様(ゆうそくもんよう)」

   →平安時代以来公家装束調度などに用いられた伝統的文様

    立涌たちわき)・丸文・文(ひしもん)・亀甲(きつこう)文・窠文(かもん)など。

 

 ・モダン柄

  モダン柄は、主に流行の柄を使ったものの総称。

  特に決まりもなく、自由にデザインしているもの。

 

 花柄にする場合は、花によって意味があるから、事前に調べて選んだほうがGood☆

 

 

 

■サイズ

 気に入った色、柄は見つかっても、サイズが合わないと意味がないから、サイズは重要な要素です☆

 

 サイズは、基本S〜Lなどで表記してるけど、販売店によって違いがあるので店員さんに聞いてみましょう。

 お仕立てが必要な場合は大丈夫だけど、(着物の形になっていない布の状態のものや、仮で着物の形にしてあるものなど)レンタルなどは、しっかりチェックして下さい!

 

 

 

■前撮りの環境

 前撮り写真は一生に残るものだから、ここもチェックポイント☆

 前撮りの場所はどこなの?

 どんな感じの写真が撮れるの?

 撮影小物はどんなもの?

 アルバムはどんなもの?

 何枚撮れる?

 など確認しましょう。

 

 

■当日のお支度

 当日のお支度はメインイベント☆

 こちらも一定期間内は購入/レンタルのセットになっている場合が多いです。

 早く成約すれば、丁度良い時間にお支度して会場に向かえますが、だいたいの目安は1年前には決めないと良い時間は取れないです。

 この辺りも、店員さんに詳しく確認するポイント☆

 

お気に入りの振袖を着て、素敵な忘れられない本番が迎えられるように、事前準備はしっかりとしておきましょう*

 

振袖ショップの検索はこちらから