着物・振袖専門の情報サイト

成人式の前撮りや後撮りで絶対に挑戦したい!かわいい振袖ポーズ14選♡

  • 振袖・呉服

そろそろ前撮りの繁忙期となってきました!

どんなポーズで撮影しようかな〜♪?なんて、調べている方も多いと思います。

 

ついつい真似したくなっちゃうようなポーズをご紹介しますね!

参考にしてみてください*

 

 

1、振袖の袖部分を見せる♡

首を少し傾けても可愛いですね!

 

 

2、振り向き美人♡

帯が綺麗に見えますね!

 

 

3、片足をちょこんと曲げる♡

あえて目線を外しても素敵!

 

 

4、髪の毛を触る♡

動きが出て可愛いですね!

 

 

5、カバンを持つ♡

片手を胸元に添えると上品に!

 

 

6、和傘と一緒に♡

古風な美しさがプラスされますね!

 

 

7、横からのアングルで♡

縁袖ならではの“うなじ”も綺麗に見えます!

 

 

8、ウィンク♡

少し抵抗があるかもしれませんが、やってみてください!

 

 

9、伏し目がちでおしとやかな印象に♡

ナチュラルにやってみてください!

 

 

10、壁に手を当てる♡

あまりないポーズかもしれませんね!周りと差をつけちゃいましょう!

 

 

11、椅子に座ってポーズ♡

肘をついてもオシャレ!

 

12、大人っぽく上品に♡

指先まで気を遣ってくださいね!

 

 

13、両手を顔の前に♡

可愛い!小顔効果upです!

 

 

14、セクシーに♡

後ろに手をついて色っぽく!

 

 

 

いかがでしたか♪?

真似してみたいポーズはありましたか?

慣れない撮影は恥ずかしさもあるかもしれませんが、一生に一度きりなので是非挑戦してみてください!

 

 

 

最後に・・・

どのタイミングで撮影をしたらいいのか迷われている方に向けて、

前撮り、当日撮り、後撮りのメリット&デメリットをそれぞれご紹介しますね!

 

 

「前撮り」とは?

→成人式の前に“成人の記念撮影”をすること。

 

前撮りのメリットとは?

・振袖レンタルとのセットプランで「前撮り無料」になる場合もある!
振袖レンタルショップでは、「前撮り」を無料サービスしているところもあります。

無料で撮影できるなんてお得で嬉しいっ★

かわいいポーズなどもこの場で練習しておけば、当日お友達と集まった時にもかわいいポーズでインスタ映えしちゃうかも♡

 
・当日のリハーサルになる

成人式当日のリハーサルとして、一度振袖を着ることができます。

着物に慣れていない場合、締め付け具合なども体感することができます。

振袖が動きにくいと感じる方も多いでしょう。

前撮りで振袖を着用してみると、雰囲気をつかめるので、成人式当日を安心して迎えることができます。

また、ヘアやメイクも含めて事前チェックができますね!

 

・ヘアやメイク、振袖のアレンジを変えて楽しめる

前撮りと当日で雰囲気を変えれば、2度楽しめますよね♪

特にヘアアレンジを変えるだけでも、かなり印象が変わります!

振袖コーディネートやヘアなどアレンジしてみては?

 

 

前撮りのデメリットとは?

・着付け&ヘアメイク料金がかかる

もし、着付け&ヘアメイク込みのプランではなかった場合、別途料金がかかってしまいます。

前撮り&当日の2回分が必要となります。

 

・繁忙期は混み合う

昨今、「前撮り」にも繁忙期というものがあるんです!

特に、学生のみなさんが帰省される夏休み期間と、前年10月~12月はとても混んでしまいます。

繁忙期は、着付けや撮影にあまり時間をかけてもらえなくなってしまい、バタバタしてしまいます。

 

 

 

「当日撮り」とは?

→成人式当日に“成人の撮影”をすること。

 

当日撮りのメリットとは?

・時間削減&費用が安く済む

着付けやヘアメイクが一度だけで済んでしまうので、時間も有効に活用できますし、費用も抑えることができます。

 

当日撮りのデメリットとは?

・当日のスケジュールがかなりタイトになる

当日撮影の場合、撮影時間は成人式式典の前後どちらかということになりますね。

仮に、式典が10時スタートの場合、早朝から着付け・ヘアセット着付けをしてもらいますが、これらにはだいたい2時間程度かかってしまいます。

式典から逆算して、撮影スタートがだいたい8時頃でしょうか。

早朝からスケジュールがかなりタイになってしまいます。

 

・式典後の撮影となる場合もある
当日撮影の予約状況によっては、式典後に撮影予約が回されてしまうこともあります。式典後の同窓会、記念パーティーといったイベントに出席できない、あるいは、中座をする必要が出てきてしまうかもしれません。

 

・ゆっくり撮影ができない
当日は非常に混み合うため、ゆっくりとした写真撮影ができない可能性があります。

ポーズチェンジや、変更など、丁寧かつ余裕のある撮影はなかなか難しいかもしれません。

余裕のある撮影を希望される場合には、前撮り・後撮りで繁忙期を外した時期にした方が良いですね!

 

 

 

「後撮り」とは?

→成人式が終わってから“成人の撮影”をすること。

 

後撮りのメリットは?

・いつ撮影してもOK

いつまでに済ませなければいけない!というリミットがないため、いつ撮影してもOKなのです!

極端に言ってしまえば、1年後でもいいのです。

5年後でもいいのです。(笑)

とはいえ成人の記念写真なので、21歳になるまでに撮影することをオススメしたいです*

 

また、好きな季節があればその時期に合わせてスケジュール組めますね*

例えば桜をバックに撮影がしたいということでしたら、4月に予約を入れることができます。

(お早めの予約を!!)

 

・繁忙期を外すことができる

繁忙期(夏休み・10月〜12月)は、お店側がかなりタイトなスケジュールなので、なかなか時間的余裕がないかもしれません。

繁忙期を外すことで、着付けやヘアセット・撮影など、丁寧にこちらの注文を聞いてもらえるでしょう。

 

 

後撮りのデメリットは?

・費用が多くかかる可能性が高い

振袖の購入、レンタルともに、「後撮り」無料サービスを行っている場所は少ないです。

振袖の用意、や着付け、ヘアメイクももう一度予約する必要があるため、お値段が高くなってしまう可能性があります。

 

 

 

 

以上、それぞれのメリット・デメリットのご紹介でした。

どの時期に撮影するか、ご家族で相談されてみてくださいね♪

 

 

振袖レンタルや撮影などの予約はこちらからできますよ*

https://shikiori.jp/

 

その他、成人式に関する記事はこちらから*

https://shikiori.jp/media